医療事務 資格の費用【価格を通信で安く格安・最短の取得方法!】

MENU

医療事務の資格を取って働く!

医療事務 資格

医療事務といえば「病院の受付業務」という認識があるかと思います。けれども医療事務は、単に患者さんからお金をもらって計算をする、というお会計係ではありません!『医療の受付事務業務』という責任高い職種なのです

 

カルテ管理業務

 

カルテの仕分け、回収、搬送をし、看護師や医師の呼び出しに応じてカルテを運びます

 

レセプト作成業務

 

レセプトとは、医療費の患者負担分を差し引いた額を保険者に請求するための書類のことで、正確には「診療報酬明細書」と言います。レセプトは病院側の収入の大部分を占めています。誤りがないように正確にレセプトを作成しなくてはなりません。

 

ITカルテ

現在の医療現場ではIT化も進んでおり、ITカルテやレセコンと呼ばれる専用のコンピューターの導入によって、仕事の効率もあがりました。従って医療事務の仕事も減少してきたのでは?と心配されます。

 

手書きよりも大幅に効率は上がりましたが、そもそも入力自体に間違いがあっては大変で、全てを機会任せにはできない部分もあり、一般の診療所などでは未だ手書きでの提出が主流となっている所もあるようです。

 

医療事務の仕事は

 

病院やクリニックはもちろん、健診センターや調剤薬局、医療保険に関連する団体など、医療に関わる多くの分野で活躍できます。また医療事務の資格やスキルはどこへ行っても通用するため、全国の医療機関が就職先となります。

 

医療機関は景気に比較的左右されない安定した職場であり、高齢化社会へ突入した今では医療機関の数もそこで働く人員も増加が見込まれます。つまり将来的にも需要のある、有望な職種であるといえるでしょう。

 

>>>医療事務の資格取得まず無料の資料請求

 

医療事務の仕事をしたいのなら

医療事務資格は国家資格ではなく、団体や各講座で認定された民間の資格です。関連資格は10種類以上にもなります。

 

医療事務 女性

医療事務という仕事では経験や能力が優位になり、資格を持たずとも現場で活躍されている方々も沢山います。ですがやはり有資格者となれば、自分のスキルを目に見える形で証明できますし、知識もついて自信に繋がるので取得するに越したことはありません。

 

ところで医療事務といえば女性に特に人気のある仕事ですよね。よく「女性に人気No1は医療事務資格」とメディアや雑誌等で言われているのを目にしたこともあるでしょう。
ではなぜ医療事務資格は人気があるのか、その理由を紹介します。

 

理由その1・転職に有利

 

転職に有利

医療事務の資格は、学歴や経験を問わず受験できるものも多く、資格を取得すればすぐに仕事に就けることもあります。

 

午前中のみのパートタイム勤務の体制も多く、家庭との両立で賢く働ける職種として認識されています。

 

理由その2・日本全国に就職先有り

 

日本全国

病院などの医療機関は全国どこにでもあります。従って就職先が全国どこにでもあるということです。

 

転勤の多い家庭であっても、引越し先でも転職がしやすい職種であると言えます。

 

理由その3・年齢なんて関係ない!

 

資格取得や実務経験を積み、再就職であっても年齢を気にせず最前力として働いている方も多いです。年齢が高くとも、専門知識や能力を活かし働くことができるのです。

 

また医療事務という職種は一般に女性のほうが圧倒的に多いですが、男性も女性に混じって働いています。

 

やる気次第で女性のライフスタイルに合わせて活躍出来る職種が「医療事務」だと言えるでしょう。ですが医療の現場という責任ある職種が

「経験無し」

 

「年齢が高い」

 

「資格無し」

 

「知識無し」

 

では簡単に就職というのは当然ながらあり得ないことです。

 

そこで資格を取得して知識と自信を獲得し、医療事務に挑みましょう!まずは一括の資格資料請求サービスのシカトルで無料資料請求するのがおすすめです!

 

シカトルで一括資料請求

医療事務 資格

 

医療事務資格の費用はどのくらい?

医療事務の資格を取得するのにかかる費用は、通信講座か通学講座のどちらを選ぶかにもよりますが、おおよそで4万円〜10万円ぐらいが目安です。

 

通学講座では

 

講師の人材費、教室使用料、暖冷房費、交通費等、当然ながらこれらの費用が含まれての料金となります。

 

通信講座では

 

これらが節約された金額となりますから、単純に安く資格取得したい方なら通信講座がおすすめです。

 

医療事務の資格試験は10種類以上

 

大きく分類すると「医科」「歯科」「調剤」の3種類に分けられ、この資格の種類によっても費用に差が出てきます。将来病院・診療所で働きたい人は「医科」、歯科医院で働きたい人は「歯科」、調剤薬局で働きたい人は「調剤」の資格を取得するなど、目指す職種により資格の種類も細かく選択しなければならないのです。

 

多くの講座は比較的短期間で資格取得が可能

医療事務 費用

「できるだけ安く資格を取得したい」「すぐに転職したい」「キャリアアップに必要な資格を取らなければならない」
という忙しい方や主婦の方でも、取得しやすいのではないでしょうか。

 

医療事務の仕事に就くには資格取得はもちろん大切ですが、それ以上に実務経験が重視されます。
実務経験がなく、医療機関での仕事も未経験という場合、難易度の高い資格に長期間かけて挑戦するよりも、短期間で取れる難易度の低い資格を取得し、実務経験を積みながらさらに難易度の高い資格に挑戦していく、というのが確実な道かと思います。

 

女性に人気No1の医療事務資格は、数多くのスクールや講座が開設されています。
その中から「価格で選ぶ」か「講座内容選ぶ」か「知名度で選ぶ」か「就職斡旋のアフターを重視して選ぶの」のか、その他どのような理由で選ぶも自分次第です。

 

まずはそれら医療事務資格についての資料を一括請求し、自分に合ったスクールを選んで納得のいく学習・資格取得を目指しましょう。

 

医療事務の資格を取得していくなら

医療事務の資格取得